忘年会の景品選び、失敗したらブーイング!?

誰でも必ず1度は参加した事のある忘年会。

仲の良い友達同士で行ったり、会社で行ったりとその形態もさまざま。

忘年会とは1年の苦労を忘れるための宴会なのですが、その歴史は意外と古いことを知っていましたか?

「としわすれ」

という言葉が使われていたのは、なんと室町時代。

その後江戸時代には特権階級の人々の間で行われ、現代のように賑やかになったのは明治時代からなのだとか。

日本独特のものと思いきや、似たような文化が台湾や中国などにもあるそうです。

友達同士での忘年会であればそんなに人数もいませんが、会社となると話は別です。

場合によっては何百人規模にもなるので幹事は大変。

早い時期から場所を押さえないといけませんし、ビンゴゲームなどの景品も準備しなくてはいけません。

景品によってゲームの盛り上がり度も変わってきますので、幹事の腕の見せ所ですよね。

年末が近づくとたくさんの人が準備に追われます。

「今年の忘年会は一味違うね」

と言われるためには、何カ月も前から企画・準備が必要ですね。

「今年の忘年会の幹事お願いね」

もしも会社の上司に言われたら断れませんよね。

職場での年齢層はさまざまで、20代もいれば50代もいます。

男性も女性もいるので会場選びや食事選びなど、頭を悩ますことがたくさん。

そして最も頭を悩ませるのがゲームの景品選びです。

忘年会の定番ゲームといえばビンゴゲームです。

これなら年齢や性別を問わず誰でも簡単に参加することができますよね。

でも景品があまり良くなければ盛り上がりも半減してしまいます。

でも自分で考えて買いに行くのは思ったよりも大変。

数が多くなればそれだけまわるお店の数も増えますし、保管場所も考えなくてはいけません。

でも大丈夫、実は景品集めを手伝ってくれるサイトがあるのです。

盛り上がる忘年会の景品

このサイトなら予算に応じて景品を選ぶことができますし、ラッピングや持ち帰りに便利な袋なども付いています。

そして何より会場まで直接届けてくれるので、幹事は大助かりです。

あなたが今年の忘年会の幹事を任されてしまったら、きっとこのサイトが役に立ちますよ。