忘年会の幹事で上司の評価が変わる?

1年の締めくくりに行われる忘年会。

日本にある会社のほとんどで行われていて、社会人になれば必ず1度は経験すると思います。

会社の規模が大きくなればなるほど幹事は大変になりますが、段取りよくスムーズに行われると後輩や同僚だけでなく上司からの評価も上がるそうです。

上司世代は「忘年会の幹事としてこれだけは最低限行わないといけない」

と考えていることがあるようなので、それを知っておくといざ幹事を任されたときに役に立つと思います。

まず費用は事前に知らせておくことが肝心です。

多くの忘年会では料理や飲み物のコースをすでに決めてから予約をします。

参加人数が多ければ多いほど注文に時間がかかるので、当日注文するということは少ないと思います。

そこでゲームの景品代などをプラスした参加費は事前に連絡する必要があります。

当日になって費用を知らせると出す方も集める方も大変。

お酒が入ってしまい払った・払ってないでもめることだけは避けたいですよね。

受付で参加費を集めるのであれば釣銭を多めに準備し必ず名簿と照らし合わせながらチェックしていくとトラブルを回避できますし、事前に集めておくと当日は楽になりますね。

忘年会の会場を探すのは大変ですよね。

人数が多い場合はお店を貸切にするなんてこともあるので、早めに予約をしないといけません。

会場を探すにあたって重要なのが予算と参加人数と料理のジャンルです。

参加者に男性が多いのか女性が多いのか、また年配者が多いのかなどによってお店を探すポイントが違ってきます。

全員の意見を聞くことは難しいかもしれませんが、自分が行きたいお店や食べたい料理だからという理由で選ぶのはNGですよ。

また「忘年会の会場を決めみんなに知らせたから安心」

なんて思っていませんか?

案内をしても全員がその場所を知っているとは限りません。

案内をする際には手間はかかりますが、全員に地図を渡すようにしましょう。

そうすることで場所が分からなくて迷子になってしまう人もいなくなります。

また乾杯や締めの挨拶をする人には必ず事前に依頼をすることも忘れずに。

当日急に振ってしまうとただの無茶ぶりになってしまい、上司からの評価が下がってしまいます。

たかが忘年会と思うかもしれませんが、そこで上司からの評価が変わることも十分にあるので気を抜けないですね。